活躍する先輩社員 田中 真樹子
生徒と向き合うことで、自分も成長していました。
人材育戦略室 田中 真樹子
ウィザスに入社した理由
高校時代にとてもお世話になった先生に憧れ、学生時代は漠然と"学校の先生になりたい"と思っていました。その将来の夢と真剣に向き合うきっかけとなったのが、高校3年生の時に起こったその先生の交通事故での急死という出来事。聞いた直後はショックで言葉になりませんでしたが、その時をきっかけに、「先生」になることをリアルに考え始めるようになりました。

しかし、教職課程はとっていたものの4回生の時に教員試験を受けれない事情があり、翌年の教員試験を目指すため就職はせずに卒業。教員になるための経験として、第一ゼミナールの講師となったことが、ウィザスとの出会いでした。
出会いがきっかけとなり 確信へと・・・
そこで塾に対する印象が180°大きく変わりました。塾はあくまでも企業ですから、学校と違って生徒との関係が希薄で、割り切った、冷たいイメージがあったのですが、第一ゼミナールはそうではありませんでした。職員室は開放的だし、生徒との距離が近くて、あったかくて。これなら学校と変わらないし、むしろより生徒と近い距離で関係を築いていけると思いました。 担当している生徒の中に、とても英語が嫌いな子がいたんですが、指導するうちに英語に興味を持つようになってくれ、結果的に英語学科へ進学しました。キライだった英語を好きになるきっかけを見つける手助けをできたことを嬉しく思い、また、その保護者の方と懇談した際、「先生のおかげで子供も変わったけど、先生も成長されましたね。」との言葉をいただいたんです。生徒の変化・成長は感じていましたが、その生徒に向き合うことで自分も成長していたと気づきました。その時「1/1の教育」の教育理念が自分の求めていたことだったんだと確信しました。
内定者たちが持っている不安をしっかり受けとめていきたい。弱い所を素直にみせられるような相談相手でありたい。
人材戦略室の仕事ってどんな仕事?
内定者から校長になる以前の社員を対象に、各キャリアに応じた教科指導や教室運営に関する研修を通じて理念の理解、実践することで自己成長の実現を支援する部門です。教務職を経て人材戦略室へ配属となりました。教員時にリクルーターとして新卒採用に関わっていたこともあって楽しく仕事をしています。現在は内定者を主に担当しています。 来年春入社の内定者ですが、プレセッションに始まり10月初旬に内定式も終わりました。これから教室に配属されるまで研修でFOLLOWしていきます。新しい仲間として迎えるにあたって理念にもとづくウィザス経営の考え方や実践方法など共有・理解促進に始まり、教科指導・生徒指導などの教室運営に関して学んでもらいます。そのための内定者との連絡や他部門との調整などを行うことも仕事の1つです。
Image
仕事のやりがいを感じるとき
Image
教員の頃からですが、生徒に対してその1人ひとりの人生に良い影響を与えられる人になりたいと思っていました。その意味でウィザスの新しい仲間を育てることに関われて素直にうれしいと思います。内定式の時ですが、みんながかわいくて仕方がなかったのを覚えています。 彼らに対して、私自身が実践することで成長した経験を直接伝えることができるんです。責任の重い仕事ですが将来彼らが教室に配属されたとき、一体何人の生徒たちを変えてくれるんだろうと思うと本当にワクワクしますね。
自分が成長したと実感すること
前向きな性格と思われがちですが、実はそうでもないんです (笑) 以前は「もっともっと自分を好きになる」プラス思考の実践も意識しなければ、ついついマイナス思考になりがちでした。日記など振り返る習慣はないのですが、過去と最近のレポートと比べてみるといつの間にかマイナス思考の言葉がなくなっていたんです。自分を振り返る時もマイナス思考になることがなくなりました。愚痴を言わなくなったと気づきましたし、言っても仕方がないと思うようになりましたね。何とかなる!の楽天的な気持ちはとても大切です。 今はそんな意識しないとできなかったことが無意識にできている自分がとても好きです。
Image
これからの目標は…
Image
まず体調管理に気をつけること。です(笑) 今は新しい部門、仕事を通じて自己成長することに尽きます。 内定者の方たちが自分の弱い所を素直に見せられるような相談相手になりたいですね。ひとり一人をしっかりケアしながら、やった方がいいと思えることをわかりやすく伝えることで理念が共有・理解しあえる関係をつくりたいと、そう思っています。

株式会社ウィザス免責事項サイトマップ

541-0051 大阪市中央区備後町3丁目6番2号 KFセンタービル 株式会社ウィザス TEL 06-6264-4200